「webで何か」作るブログ

35歳という遅すぎるスタートをなんとかする為のブログです。基本的に自分にとっての役立ちメモ。

5,6,7月の振り返り

このカテゴリへのエントリーは4か月ぶり・・。言い訳になってしまうけど、特大の案件で業務外の勉強どころではなかったというのが正直なところ。もちろん、眼前の業務のために業務時間外で勉強したことは含めていない。

でも、出来なかったということもきちんと振り返るべきだと思っている。このままこのWeProjectを終了させたくはないから。

といことで唐突にログ公開。

5月

Statistics

Activity Type Duration Percent
読書 03:51 0.5
BLOG 03:26 0.5
勉強 00:35 0.1

約8時間・・。WeProjectは規定業務時間の2割にあたる時間、勉強や個人製作にあてるというのが目標の活動なので、35時間がノルマになってくるのだけど、まったくもって足りていない。

5月の業務内容はまだ自分の知識、経験の延長のことがメインであったために多少の勉強時間は作ることができていた。自分としてはたくさんの課題に直面し、解決していくことで大きく成長できたのでは、と思っている。

6月

Statistics

Activity Type Duration Percent
BLOG 02:34 0.4
読書 01:06 0.2

6月に入ってくると、未知の領域に一人で突っ込んでいくことが増えてきた。ということで勉強時間が激減。ここまで来ると笑えてしまう。

7月

Statistics

Activity Type Duration Percent
BLOG 09:36 1.3
読書 06:01 0.8
勉強 01:22 0.2

約19時間。案件の終わりが見えてきて、少しづつ時間を作る余裕が出てきた。案件を通して身に着けた経験と、見えてきたチーム課題を解決するために、ブログを通してチームに情報を発信していくことを考えている。

 

これから

幸いにして4月までの勉強時間の貯金があるため、年間目標はおそらく達成可能だろう。8月からはハイペースで勉強できている。

少し前まで自分がどの道に進むのか悩んでいたのだけど、それもクリアになったし。具体的にはPHPをもう少し勉強したらPythonを学ぶつもり。

プロダクトとしては、

WordPressテーマ

WordPressプラグイン

・Webアプリケーション

・日常業務効率化のためのデスクトップアプリ

をイメージしている。

というわけで昨日パーフェクトPHPを購入。勉強が楽しみだ!

FTP?サーバー?なんか怖いんだけど・・を解消しよう

私の周りではFTPやサーバーについて、どうも恐怖心を持っているように見える人が多くいます。

FTPソフトにはいろいろな設定項目があるので、それも無理ないのかなと思いましたが、正直個別に説明していくのは・・。

というわけで今回の記事を書いています。

ちょっと面倒なお話も出てきますが、少しでもサーバーやFTPへの恐怖心を軽減出来たら嬉しいです。

サーバーはパソコンと一緒

サ―バーに恐怖心を持っている方の多くは、サーバーは特別なマシンであり、自分の知らない色々なことがあると感じているのではないでしょうか?FTPで接続するという事に限って言えば実際はそうではなくて、普段使っているPCと変わりありません。

ちなみに以下の記事では余りもののマシンをWebサーバーに仕立てる、という事を行っています。

 

pochiweb.hatenablog.com

 

サーバーとPCの違うところは、とにかくファイルを保存、提供することに最適化されていること。

そして、この保存や提供は専用のソフトによって行われています。

Web用の情報を管理するのは、WebサーバーソフトであるApacheやNginxなどのWebサーバーソフトであり、メール用のサーバーであればPostFixなどのメールサーバーソフトです。

FTPとは何か?

文章が続いたのでちょっとここで視覚的に類似点を見てみましょう。

以下の画像は、Macのファイル管理ソフト「Finder」(Windowsで言う所の「エクスプローラー」に当たるもの。)の画面です。

ちなみに私はよく、階層の深いところにあるファイルを移動させる場合に、こうやって二つのウィンドウでFinderを開いて移動させたりします。

f:id:pochiweb:20170703213331p:plain

 続いてこちらが人気のFTPソフトの一つ「Filezilla」の画面です。

f:id:pochiweb:20170704084006j:plain

FileZillaでは、左半分に手元のPCのファイルが、右半分にアップロード先のファイルが一覧で表示されています。

どうでしょう。どちらもフォルダやファイルが並んでいて、見た目にもかなり似ていますよね。それもそのはずで、どちらも同じコンピュータであり、FTPで行うファイルの移動とPCの中でファイルを移動することは、やっていること同じです。

違うのは、移動先が外部のコンピュータであることだけです。

FTPってなんの略?プロトコルについて

ご存知の方も多いと思いますが、FileTransfar Protocolの頭文字をとったものです。

FileとTransfarはファイル(File)の移動(Transfar)と分かり易いかと思いますが、Protocolってなんでしょう?ということでまずはメジャーなProtocolを列記してみます。

  • HTTP( Hyper Text Transfar Protocol )
  • IP(Internet Protocol)
  • FTP (File Transfar Protocol)

ご覧の通り、さまざまなところでProtocolという言葉が使用されています。

Protocolというのは「規格」を意味する言葉で、インターネットの世界においては通信規格という意味になります。

インターネットは世界中の様々な機器が結びつくことによって成り立っているため、通信ハードウェア各社がそれぞれ独自の規格を持っていては色々な面で不都合がありますよね。その不都合を解消し、データのスムーズなやりとりを実現するため、世界的に統一した規格である(OSI参照モデル)が策定されています。※実際には、規格というよりはモデル、基準、といった言葉が適しているかもしれません。

ファイルのやりとりにはFTP、アドレスのやりとりにはIPを使いましょう、それぞれはこういう方法、手順でやりとりするようにしましょうと決めることで、世界がネットで繋がることが出来ているとも言えます。

そんなルール、規格がプロトコルです。

FTPの設定項目を知ろう

少し話が逸れてしまいました。続いて、FTPの設定項目がそれぞれ何を意味しているのか、FileZillaを例に紹介していきます。 

f:id:pochiweb:20170712081731j:plain

ホスト

接続先はどこか、を指定する部分です。この辺がわかりにくくさせている原因かと思いますが、この欄はFilezillaFFFTPだとホスト、CyberDuckDreamWeaver内臓のFTPだとサーバーと言ったりして、FTPソフトによって呼び名が違います。

 

ホスト欄に入力する内容はサーバー契約時に、FTPアドレス、FTPホスト名、サーバーアドレス、などという名称でこの情報が発行されることが多いです。ここでも呼び方が違いますが、同じものを表しています。

 プロトコル

画像がおかしな事になっていますが、ご容赦ください。(データ量オーバーで変えられない)

ここでは前述のプロトコルの指定ができます。

FTPプロトコルでは簡単に接続が可能ですが、暗号化がされません。多少手間ではありますが、セキュリティ対策は何かが起きてからでは遅いです。なるべくSFTPなどの暗号化されるプロトコルで利用しましょう。

filezillaで選択可能なのは、FTPとSFTPの二つです。

暗号化

filezillaでは、FTPSを利用する際にはこちから設定する仕様ですが、暗号化の種類によって入力欄が分けられているのはちょっと珍しいかもしれません。他のFTPソフトではプロトコルの選択と暗号化の選択を兼ねたタイプが多いです。

ポート

通信に使用する窓口を指定します。プロトコルとポート番号は基本的に組み合わせが決められているので、プロトコルに合わせた数値を入力する必要があります。

ただし、多くのFTPソフトではプロトコルに併せて自動的に設定してくれますので、実際にこの部分を入力するケースは少ないでしょう。

代表的なポート番号は以下の通りです。

  • FTP:20
  • SFTP:22
  • http:80
  • https:443

ログオンの種類

FTP接続は、サーバーへのログインともいえます。普段会社等で使うPCと同様、サーバーにもログインにいくつかの種類があるので、どの権限でログインするのか、を選択します。

使用する事が多いのは

  • 通常
  • アカウント

となるでしょう。「アカウント」はサーバー管理者によって作成され、作業可能なディレクトリが制限されていたりします。

ユーザ

ログインの際に使用するユーザー名もしくはアカウント名を入力します。

パスワード

ログインパスワードを入力します。

 

おわりに

FTPソフトの設定項目はまだまだたくさんありますが、通常のweb制作業務であればこの程度の知識で十分ではないでしょうか。

同じものを表すのに呼び名が違うというのはどうにかして欲しいものですが、統一するような動きもありません。悲しい。

WordPressの仕組みをもう少し掘り下げてみる

WordPressを学ぶにあたって、一番わかりにくいのはその全体像ではないかな、と思うようになりました。

この半年程度でいくつかWordPressテーマを作成したのですが、正直最初のうちはよくわからないまま参考書に従って作っていっただけで、single.phpってコード自体はpage.phpと全く一緒なんだけどなんで表示されるものが違うの?とか、テンプレート階層って何?!とか、そんな疑問がずっと頭にあったんです。

(書いてはあったけど理解できなかったのが大半。)

どんな書籍やブログ記事等でもテンプレート階層やWordPressの仕組みの説明はあるものの、いまいち納得というか、腹に落ちる感覚を掴めずにとてもモヤモヤした気持ちでした。

幸い現在はその仕組み、全体像が掴めたので、とても気持ちよくテーマ作成ができるようになりました。

というわけで以前、WordPressの仕組みを興味ない人にざっくり伝える、という記事を書いたのですが、

 

pochiweb.hatenablog.com

 

非常にざっくりした説明で、あまり役に立つ代物ではなかったので、今度はもう少し詳しく書いて行こう、という記事です。

まずはデータベースのこと

f:id:pochiweb:20170629081445j:plain

WordPressを触ったことのある方なら、データベースという単語にも触れていることと思います。

MySQLMariaDBなどですね。これらは両方、データベースシステムの名称です。役割は同じ。

データベースは、その名の通り様々なデータを保存してくれるシステムで、sqlというプログラミング言語を使うことによりデータの書き込みや削除、書き換え、さらに検索機能や並べ替え機能などが可能です。

WordPressにおいては、記事本文や画像へのパスのほか、サイトが表示する内容を保存するために使用されています。

実際にどんなデータが保存されるかはこの後触れる予定ですが、興味のある方はデータベース構造 - WordPress Codex 日本語版にて詳しく解説されていますので、見てみてください。

今の段階ではWordPressで作成されたページの情報全てがこのデータベースに保存されるんだな(厳密には違いますが、話を単純にするために)、程度の考えで良いと思います。

 

「データベースには、WordPressのデータが全て保存されている」

データベースに届く情報はどこから発信されているか?

データベースに全ての情報が保存されているとして、保存される情報はどこから入力されるのか?という疑問がありますね。

それが管理画面の各入力画面です。

WordPressでコンテンツを公開する時には、投稿タイトルやテンプレートなど、記事を作成する際に様々な情報を書き込んだり選択したりしますよね。

それら管理画面から入力した様々な情報が、データベースに送信されていきます。

どんな情報が、どのように保存されているのか?

 

続いて、どんな情報が保存されているのか、代表的なものを見ていきましょう。

以下のような記事を投稿したとします。

 

f:id:pochiweb:20170701160501p:plain

この場合、次のような情報が届けられていきます。(もちろん、ほんの一部です。)

  • post_id:投稿を管理するための番号。自動で付与されます。
  • post_type:ページの種類を保存します。 「投稿」を選んでいればpost、「固定ページ」を選んでいればpageが保存される値になります。

※途中ですが、「キー(key)」、「値(value)」という単語について解説します。

データベースに何か情報を保存する際には、「キー」と「値」がセットになっているのが普通なのですが、これは以下のようなエクセルの表をイメージしてもらうとわかりやすいです。

f:id:pochiweb:20170701160625p:plain

「post_id」や「post_title」などがkey、「1」や「WordPressとデータベース」がその値です。

WordPressでは様々なキーがあらかじめ用意されており、それらを組み合わせて様々な機能に利用しています。

  • post_title:投稿タイトル。②の内容がpost_titleというkeyの値として保存される
  • link_image:投稿内に掲載された画像へのパスを値として保存します。

まだまだあるのですが、投稿画面から規定の情報が色々と届けられているらしい、というくらいの認識で問題ないでしょう。

「クエリ」について

f:id:pochiweb:20170702140808j:plain

WordPressの仕組みを理解するということであれば、データベースについてはこれで十分でしょう。

というわけで、続いて「クエリ」についても紹介します。

クエリとはWikipediaによると

クエリ: query英語発音: [ˈkwɛri]英語発音: [ˈkwɪəri]クウィァリ))とは、一般に一連の問い合わせの中の個々の質問を意味する。 

 とされています。

WordPressパーマリンク設定を思い浮かべて欲しいのですが、デフォルトのパーマリンク設定では末尾は?p=123となっていますよね。

これは、postIDが123の記事を表示せよ、という要求になっていて、その要求文が「クエリ」です。

言い換えると、URLにデータベースへの要求が書かれているとも言えます。

クエリには、投稿名やカテゴリーの名称のほか、色々なものがあります。

 

ただ実際のところ、SEO的にも管理のしやすさ的にも、パーマリンク設定を変更するのが一般的ですから、実際はあまりこの形式のURLは見当たりませんよね。

多いのはpost_nameでのURL形式や、カスタムURLだと思いますが、これはサーバ側で処理をすることにより、表示するURL書き換えていて、実際はpost_idやcategoryなど、クエリ文がしっかりとサーバーに対して渡されています。

クエリにも色々と細かい話があるのですが、仕組みとしては以上を理解しておけば十分です。

テンプレート階層

f:id:pochiweb:20170702140650j:plain

長くなってきたので、これまでの内容を少し振り返りましょう。

ここまでの流れをまとめると

  1. 記事作成において様々な情報がデータベースに保存される
  2. アクセスしてきたURLに、データベースへのクエリが書かれている
  3. 要求された内容をデータベースから取り出し、ページを表示している

ということになります。

そしてここからは、テンプレート階層について簡単に紹介します。

テンプレートとは

まずテンプレートとは何かですが、ページを表示するための雛形です。

ファイルの中にはデータベースに保存された情報(記事本文やページタイトル)を表示するための関数であるWordPress関数がHTMLとともに書かれています。

テンプレートタイプ

WordPressには以下のようなテンプレートタイプが用意されています。

代表的なものをいくつか紹介していきます。

  • 「投稿」(single.php):管理画面左の「投稿」から作成されるページ。post_typepost
  • 「固定ページ(page.php)」:同じく、「固定ページ」から作るページ。post_typepage
  • アーカイブページ(archive.php)」:時系列で「投稿」を列記していくページ。
  • 「カテゴリーページ(category.php)」:カテゴリ別に「投稿」を列記していくページ。

他に、特定の「投稿」や「カテゴリーページ」に対してのみ有効なテンプレートを作ることもできます。

  • 「投稿+任意の文字列」(single-任意の.文字列php):特定の「投稿」に対して使用するテンプレート
  • 「固定ページ+任意の文字列(page-+任意の文字列.php)」:特定の「固定ページ」に使用するテンプレート。

などです。

これらを利用して全てのページごとのテンプレートを用意することも可能ですが、それではCMSの利点が失われてしまいますから、最低限のテンプレートで済ませるというのが一般的です。そこで役立っているのが次に紹介するテンプレート階層というシステムです。

 

テンプレート階層とクエリ

ここで、先ほどのクエリのことを思い出して欲しいのですが、クエリには様々なタイプがあります。例えばカテゴリー名~~のものを要求するクエリや固定ページを要求するクエリなどです。

テンプレートは、このクエリに応じて選択される仕組みになっています。

カテゴリー名Aのページへのリクエストがあれば、カテゴリーAテンプレートを。

固定ページAへのリクエストがあれば、固定ページAのテンプレートを探して表示する仕組みが用意されています。

ただ、先ほども触れたとおり、一般的にはに全てのページごとにデザインを変更するようなことはないですよね。

とは言え、いくつものテンプレートを用意するかもしれません。

そこで活躍するのがテンプレート階層というシステムです。

ものすごく大まかにいうと、WordPressではクエリに対して次のような流れでテンプレートを探し、合致した時点でそのテンプレートを使用してページを表示してます。

  1. そのページ専用のテンプレートがあるか?
  2. そのページが要求するタイプのテンプレートがあるか?(categorysingle.php)など)
  3. どれもないならindex.phpを使って表示

このシステムがあることで、たくさんのテンプレートを利用するユーザーにも、最低限のテンプレートで運用するユーザーにも

対応が可能になっています。

クエリやキーのカスタマイズ

テーマを作っていると、例えば

「同じカテゴリに属する投稿を表示したい」だったり、人気の投稿一覧を表示したい、という要望が出てくることがあります。

そんな時のために、WordPressではオリジナルのキーやクエリを作ることができるようになっています。

WP_Queryなどを利用したカスタマイズですね。今回では触れませんが、データベースとクエリを自由にカスタマイズすることで、様々なことが可能です。

最後に

長々とWordPressの仕組みを紹介してきましたが、今回の内容は以上になります。

自分のためではある記事ですが、もしどなたかの助けになれば嬉しいです。

サイドバーを縦だけ固定するCSS

レスポンシブのサイドバー固定をCSSのみで実装する

久しぶりのCSSネタ。

サイドバーをfixedで横に固定したいときが多くあります。そのとき問題なのが、position:fixedの起点がブラウザの端になってしまうこと。

通常のサイトだと単純にfixedで問題ないのですが、レスポンシブのサイトだとブラウザ起点のfixedが恨めしい時が多くあります。

そんな時、親要素を起点にfixedしてくれたらいいのになと思っていたら、こんな方法がありました。

JSとかjQueryでもいいのでしょうが、CSSだけで対応できたら楽チンですし動きも軽いです。

HTMLはなんの変哲もありません。 

縦の動きだけに追従するサイドバー

続いてCSS

「position:fixedの起点を親要素にするCSS」のCSS

仕組み

このCSSのポイントは、positionのtopやleftなどを指定せずに、marginで位置を調整すること。fixedとabsoluteはtopやleftを指定せずにかけた場合は親要素の左上が起点になるんですね。そこで、marginで位置を指定してあげて完成!

 

WordPressの仕組みを興味ない人にざっくり伝える。

今、WordPressのテーマ作成を業務で行なっているのだけど、細かく書くべき備忘録がたくさん溜まっている。全てを書くのはいつになるやら、という感じ。

なので、まずはWordPress全体の仕組みについて、私なりの解釈を書いておきたい。

意外に、WordPressがどういった仕組みで動いているのかをざっくり書いてくれている記事は少ない気がするので。

WordPressとはなんなのか?

私的には「フレームワークの一つである」と考えた方が良いと思ってます。実際にWordPressのテーマ作りを行なってみた結果、意外にPHPの根本的知識やプログラミング的素養は(ほとんど)必要なかったことがこの答えに対しての理由です。

WordPress関数という便利な機能がセットになっていて、「お作法」を覚えれば一定レベルのものを作ることができる、というのは非常にフレームワーク的だなと思います。

なので、WordPressってなに?と言われたら、主にブログ用なシステムのフレームワークですと答えます。

なんとなく仕組みを理解する

WordPressが実はフレームワークだとして、それでも動作の仕組みが気になるものです。文章だけでは解説が難しいので簡単な図を書きます。

f:id:pochiweb:20170506233959j:plain

WordPressサイトの表示の仕組み

WordPressにおいて、記事はテキストデータとしてDBに保管されており、画像や動画などのデータはただデータとしてサーバーに保存されています。

これらをウェブサイトとして表示するためにはHTMLが必要になりますが、その雛形となるのがsingle.phpやpage.phpなどのテンプレートファイルです。

記事投稿から閲覧の流れ

どっかからふざけるなと声が飛んできそうなざっくり具合で説明すると、WordPressはこんな感じで動いている。

  1. 記事が投稿される

  2. URL、記事本文と画像など各データとパスがデータベースに記録される

  3. URLから、どのテンプレートに当てはめるべきかを判別する
  4. アクセスのあったURLに関連するデータをテンプレートに当てはめて表示する

WordPressでサイトを作るとはどういう事か?

WordPressでサイトを作る時には、どういった情報分類が必要か?デザインパターンをいくつ作るのか?の整理が重要になってくる。

具体的な問いとしては、過去記事一覧が必要か?カテゴリ毎のメニューが必要か?などがあげられるけれど、問いに対してイエスが増えるたびにテンプレートを増やす可能性も増えていくから。

なので、WordPressで使われるテンプレートをこれまた簡単に紹介しておく。

代表的なテンプレートタイプ

front-page.php

サイトのトップページとして使用するテンプレート。

page.php

固定ページに使用されるテンプレート。single.phpと違い時系列を持たないので、archive.phpに当たるテンプレートを持たない。

single.php

WordPressには「投稿ページ」と「固定ページ」がある。single.phpは投稿ページのためのテンプレート。archive.phpへ、時系列を持って表示させることができる。

archive.php

single.phpがブログの投稿だとして、そのindexページとも言えるページのテンプレート。タイトルだけ出力するのか?サムネイルも表示するのか?その辺りを設定していくことが多い。

テンプレート階層とは?

WordPressは要求されたデータをどのテンプレートに当てはめるべきか?という判断を、各テンプレートへ「優先度」をつけることで自動化しています。それが「テンプレート階層」という言葉の意味するところです。

少し例えを出すと、

ここでは紹介しませんでしたが、category.phpというテンプレートタイプも存在します。

カテゴリーの過去記事を一覧で見たい、というリクエストがあれば、まずはこのcategory.phpのテンプレートを探し、なければarchive.phpで代用する、というようなことをWordPressのコアにおいてプログラムされているのです。

 

さて、結構な量になってきたのでこの辺で終わります。

 

WE Projet 4月の振り返り

約一ヶ月ぶりの投稿となってしまった。

最初から言い訳になってしまうのだけど、このひと月は業務外の勉強時間を確保できていない。そのため、勉強したことをブログを書くことは時間的に厳しく、振り返り記事を書くのは精神的に厳しく...。絵に描いたような悪循環だ。

そんな状態でも振り返りを書くのは、このままこの自分への決め事を無くしてしまうのは気がひけるから、というのが大きい。

正直、業務時間以外に勉強するのは中々厳しいことだ。だけど、だからこそ価値があるし、先日36歳になったというのにまだこの業界では二年生だというそんな状態で「自ら学ぶ姿勢」を無くしてしまったらこの先戦い続けることなんて到底不可能だとも思う。

だから、振り返りたくもないこのひと月を振り返る。

というわけで実数値を計測する。

4月の実績値は?

Activity Type Duration Percent
読書 06:42 0.9
勉強 06:28 0.9
BLOG 00:40 0.1

4月の業務時間が20で、1日あたりの規定労働時間が7時間なので140時間。

28時間が目標時間。実際が14時間弱。

ひどい数値だ。

 ただし、積み上げているものはある

そもそもなぜいつものように時間を作れていないのか?ということにも理由はあって、業務において大きなチャレンジをしている、というのがそれに当たる。

当然具体的には書けないのだけど、自分が今年の目標としている「WordPressへの深い理解と構築技術を身につける」ことに繋がっている。

自然、移動中や空き時間に学ぶこともそのことになってしまう。

だから、4月と5月に関してはまあ、多めに見るべきなのかもしれない。

6月には今の案件は終わって、一回り大きく成長しているだろうから。

 

We Project 3月の振り返り

We Project 3月の振り返り

4月も4日となり、少し遅れてしまったけど3月の振り返りを書いておきたい。早速データを。

aTimeLogger Report

Time Entries

 

Activity TypeDurationPercent
Total743:59100.0%
勉強 22:48 3.1
勉強 22:48 3.1
読書 05:09 0.7
BLOG 03:29 0.5

3月の基本業務時間は22X7=154X0.2で30.8時間。

 

勉強(主に技術書を使った自習)が22時間48分

読書(仕事に関わる読書)が5時間9分

当ブログの更新が3時間29扮

 

合計:31時間26分

 

かなりぎりぎり・・。もう少し仕事を効率化して自分の時間を作るようにしないと!

3月にやっていたこと

技術書を使った勉強

なかなか思うように進められていなくって、一冊にどんだけかかってるんだよ!と我ながら思うのだけど、3月頭からメインに勉強している技術書はこちら。

 

よくわかるPHPの教科書

よくわかるPHPの教科書

 

 この本の一番の特徴というか、いいところは一番最初の章なんじゃないでしょうか。「プログラムってなんだ?」を、紙とペン、消しゴムを使ったワークを通して理解させてくれます。

仕事の中で学んだこと

他部署から依頼されたサーバー構築を何やかやと3月いっぱいかけてやっていました。相当時間とられたけど、すごく勉強になった。

実はこのサーバー構築、一度作り終わったものをクラッシュさせてしまう、というトラブルに見舞われました。

しかし、このブログで備忘録を残しておいたことで、1か月かかっていたものが半日で完了。カンペを用意しておくって大事だなあ。セキュリティ回りがまだ書けていないのだけど、流れは下の二つにまとめてあるので時間を見つけて書いていきたい。

 

pochiweb.hatenablog.com

 

 

pochiweb.hatenablog.com

 

そのほか

photoshop

デザインはほんとダメでデザイン系ツールも全然使えないんだけど、photoshopチュートリアルを使って少しづつ勉強を始めたところ。画像の軽微な修正や、色味の調整程度でデザイナーさんに頼むのも気が引けるし、自分でできれば全体としての仕事スピードが上がっていく。いいことずくめだ。

adobeXD

photoshopの勉強の前に、adobeXDを使って簡単なプロトタイプ作成を試してみたりもした。今後、ディレクター業務を行うこともあるだろうし、その時は「みんなに優しいワイヤーフレーム」を書きたいと思っているから。

以上、3月のご報告でした。